▼ 商品検索

ショッピングカートを見る
▼ フリーページ
▼ 会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録
▼ 売れ筋商品
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

松作商店
松作商店では良質な和食材乾物を吟味して仕入れ、入手しにくい一級品もお求め安い価格でご提供することを心がけております。
おいしい乾物を使ってご家庭での手作り料理をお楽しみください。
   
日本の味を次世代に!
▼ 鰹節削り器【常三郎・青紙】304錬鉄青紙1号(送料無料)
鰹節削り器 常三郎青紙1号 鰹節削り器 常三郎青紙1号の特徴
この削り器は、播州三木の常三郎が作成した鉋を使用しています。
鉋台は、越後二代目三郎西村祐一による台打ちした作品です。
本職の方が毎日長く使っても丈夫な作りとなっています。


【桐の外箱】
外箱の桐材には、変色防止と防汚のために木目を活かして
環境対応の塗料が薄く塗ってありますので手垢などでも汚れにくくなっています。


【安来鋼 手打ち鍛造の鉋刃】
鉋の刃先には、最高級安来鋼の青紙1号を使用しています。
この鋼材は、日本刀と同じように叩いて鍛えた『鍛造品』です。
青紙の説明は こちら

その刃先を受け止めるため、地金(じがね)には炭素を0.1%以下しか含まない
柔らかな錬鉄(れんてつを使用しています。
この柔らかさが硬い鋼(はがね)を受け止める役目を果たしています。

【白樫の鉋台】
樫にも白樫・赤樫とありますが、より堅い白樫を使用しています。
よく乾燥させた硬い白樫は、減りにくく狂いがありません。
大工さん・鳶職人さんが使用するカンナも白樫が使われます。
鉋刃を鉋台に合わせる工程は、台打ち職人の越後二代目三郎西村祐一氏が
微調整して合わせています。


西村さんの本研ぎと台打ちの仕事はこちら

使用上のご注意
・かつお節を削る目的以外には使用しないでください。
・使用後は、必ず乾いた布で削りカスをふき取ってから保管してください

・刃の調整は、金槌でなく木槌(別売品)をお使いください。
 金槌では鉋台を傷める可能性があります。
・刃先が硬いので毎日使っても研ぐ回数は少なくて済みますが
切れ味を最大限に生かすには研屋さん研いでもらうことをおすすめします。
・長く使わない時はさび防止のため、刃先に食用油か椿油を塗って保管してください。
・本製品は天然木を使用しているので、高温多湿を避けて保管してください。
・外箱のお手入れは、水を使用しないでください。
 くるみ油を薄く塗ると、木箱の変形を防ぎ長持ちさせることができます。

※鰹節削り器は、出荷直前に実際に鰹節を削って刃の調整をしております。
 かなり薄く刃を出してありますので、最初は鰹節が削りにくくても
 鰹節の削り面が平らになるまでそのままの状態でお使いください。
 削るコツは、両手で強めに鰹節を押さえつけ、手元側に多く力をかけ
 鉋台の一番端までストロークを長く削ることです。
 小さくなったかつお節は、布巾に包んで金槌などで叩いて出汁などにお使いください。
 添え木を使うと添え木まで削れることがありますのでご注意ください。


削り器の使い方などの詳細は下記ページのリンクをご覧ください。
1.かつお節の種類や保存やについて
2.かつお節の削り方(動画)
3.鉋刃(かんなば)の調整とお手入れついて
4.かつお節削り器の選び方

商品寸法:約高さ170×巾130×330mm
鉋台寸法:約厚36×巾88×長さ303mm
鉋刃寸法:寸8(約70mm)
総重量:約2,450g
木箱:桐材
鉋台:白樫
鉋の状態: 完全直ぐ使い
鉋刃:錬鉄/青紙1号 播州三木 常三郎作

できたての刃を研いだ状態の鉋刃をすぐ使いといい、
これに裏押し本研ぎという工程を加えることでもっと切れ味の鋭いものとなります。
完全すぐ使いとは、この裏押し本研ぎを施してある鉋刃のことを言います。

お誕生日プレゼントや開店祝いなどご贈答用にお使いの場合、
10,000円以上の削り器は無料で特別包装をいたします。
ご希望のお客様は、ご注文時に通信欄にてお申し付けください

※この商品は、送料無料です。
他の商品と同梱しても送料は無料になります。


・ 販売価格

30,000円(税込32,400円)

・ 在庫数
残り3箱です売切れ間近!
・ 購入数