▼ 商品検索

ショッピングカートを見る
▼ フリーページ
▼ 会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録
▼ 売れ筋商品
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

松作商店
松作商店では良質な和食材乾物を吟味して仕入れ、入手しにくい一級品もお求め安い価格でご提供することを心がけております。
おいしい乾物を使ってご家庭での手作り料理をお楽しみください。
   
日本の味を次世代に!
▼ 鰹節削り器【宝船柿渋】906極軟鋼青紙1号(送料無料)
最高級鰹節削り器
鰹節削り器  宝船柿渋 906
 
【切れ味極めた鉋刃】
新潟与板の伝統工芸士、水野清介氏が丹精込めて仕上げました。
鉋には、宝船の刻印が打ってあります。

この削り器に使われている刃先の鋼(はがね)は、特に硬い安来鋼の青紙1号です。
その刃先を受け止めるため、地金(じがね)には
柔らかい極軟鋼(ごくなんこう)を使っています。

特記すべきは鉋刃の長さで、全長117个發△蠅泙后
つまり、鋼(はがね)が長いので研ぐ回数が多くても末永く使え、
地金(じがね)も長いので硬い鋼を安定して受け止めることができるのです。

地金に細かなへこみがあるのは、柔らかい鋼材を使っているためで。
この柔らかさが硬い鋼(はがね)を受け止める役目を果たしています。
青紙の説明はこちら

水野清介氏の鉋刃つくりはこちら



【職人手作りの鉋台】
鉋台は、越後の台打ち職人西村祐一氏が作成しました。
木材は3年乾燥させた硬い国産の白樫を使用してます。
大工鉋としてもすぐに使用できる技術でつくられています。
水野さんの作った鉋刃にあわせ、ひとつひとつノミで削って調整しはめ込んでいきます。
鉋刃手前の表木を数ミクロン削り、 鰹節の摩擦を少なくして削りやすくしてあります。
台の後ろには、西村さんが責任を持って三郎の刻印 を押して仕上げます。


 
 【桐材・柿渋塗りの外箱】
外箱は、桐材にエコ塗料の柿渋を塗って仕上げてあります。
高級箪笥にも使われる桐は、湿度の多い梅雨時は木の細胞が膨張して中に湿気が入るのを防ぎ、
冬に乾燥しているときは木も乾燥して箱の中を良好な湿度に保ちます。
鰹節の場合特に湿気を嫌いますので、このような理由から桐を使っております。
 ・柿渋について
柿渋成分のカキタンニンは、防腐効果や耐水性があるため
建築資材の塗装や和傘などの染色にも使われてきました。
最近では、ノロウイルスへの抗菌作用や
消臭作用があるとして、抗菌スプレーや加齢臭防止石鹸などにも使われています。
また、火傷や解毒にも効く薬として飲まれていたくらいなので、
万が一口に入れても健康への問題はありません。
 
柿渋は、時間がたつにつれ色が濃くなっていき味わい深いものとなります。
手入れはクルミ油を塗ると、独特の光沢が出てきます。
胡桃のみを砕き布に包んで外側に染み出た胡桃油で磨いてください。
天然の柿渋には独特な醗酵臭がありますが、2ヶ月位すればだいぶ消えていきます。
 
使用上のご注意
・かつお節を削る目的以外には使用しないでください。
・使用後は、乾いた布などで削りカスをふき取ってから保管してください。濡れ布巾厳禁
・刃の調整は、金槌でなく木槌(別売品)をお使いください。
 金槌では鉋台を傷める可能性があります。
・刃を研ぐときは、砥石を平らにしてから研磨してください。
 鉋刃の切れ味を最大限に生かすには、専門の刃物屋さんに研ぎに出すことをおすすめいたします。
・長く使わない時はさび防止のため、刃先に食用油か椿油を薄く塗って保管してください。
・本製品は天然木を使用しているので、高温多湿を避けて保管してください。
・外箱のお手入れは、水を使用しないでください。
 くるみ油を薄く塗ると、木箱の変形を防ぎ長持ちさせることができます。

※鰹節削り器は、出荷直前に実際に鰹節を削って刃の調整をしております。
 かなり薄く刃を出してありますので、最初は鰹節が削りにくくても
 鰹節の削り面が平らになるまでそのままの状態でお使いください。
 削るコツは、両手で強めに鰹節を押さえつけ、手元側に多く力をかけ
 鉋台の一番端までストロークを長く削ることです。
 小さくなったかつお節は、布巾に包んで金槌などで砕いて出汁などにお使いください。
 添え木を使うと添え木まで削れることがありますのでご注意ください。

削り器の使い方などの詳細は下記ページのリンクをご覧ください。
1.かつお節の種類や保存やについて
2.かつお節の削り方(動画)
3.鉋刃(かんなば)の調整とお手入れついて
4.かつお節削り器の選び方
商品寸法:高さ170×巾127×325mm
鉋台寸法:厚36×巾88×長さ303mm
鉋刃寸法:寸8(約70mm)
総重量:約2,450g
木箱:桐材
鉋台:白樫
地金:極軟鋼
鉋刃:安来鋼青紙1号 (越後与板打刃物伝統工芸士水野清介氏作)
鉋の状態:二代目三郎西村氏による完全すぐ使い
 
【完全すぐ使い】
できたての刃を研いだ状態の鉋刃を『すぐ使い』(一般に市販されている鉋)といいます。
これに、裏押し本研ぎという工程を加えることでもっと切れ味の鋭いものとなります。
完全すぐ使いとは、この裏押し本研ぎを施してある鉋刃のことを言います。
お誕生日プレゼントや開店祝いなどご贈答用にお使いの場合、
10,000円以上の削り器は無料で下記写真のような特別包装をいたします。
ご希望のお客様は、ご注文時に通信欄にてお申し付けください


※この商品は、送料無料です。
他の商品と同梱しても送料は無料になります。


・ 販売価格

30,000円(税込32,400円)

・ 在庫数
残り3箱です売切れ間近!
・ 購入数